とにかく怖い

最近の私は以前より攻撃的な気がしてならない

誰かを傷つけたりしないと思いながらめちゃめちゃひどいことを思い浮かべたりしながら生きている

昔は自分の死のことと今後の生活のことしか考えられなくて、ある意味復活してきたのかもしれない

生まれ持った性格としてすごく気性が荒いと思う

そういえば前に右翼か左翼かは遺伝的性質が関わっているというウェブ記事を見て、やっぱりという気持ちになった

確か遺伝的に怖がりな性質を持っている人は革新的な事を嫌がるみたいなこと

なんとなく、一般的に性格は環境が作ってる派の人が多いような気がするけど、外見も臓器も遺伝の影響が出るのに脳神経だけ遺伝の影響がないなんて私は思えない

何千年もの遺伝子の積み重なりに乗って操縦していくことが生きることで

環境は操縦の仕方を身につけさせることしかできない、ような気がしている

本当かどうとかじゃなくただそんな気がしている

私は怖がりで保守な性質なのに革新を受け入れないといけないと思ってる節があって余計いきるのつらいのかもしれないな

夫との生活は特に不満もなく幸せだと思うけど

生きるしんどさは無くならないし子供を持つのは怖すぎる

正直身内は大して子供に触れないけど親しくない人ほどカジュアルに子供に触れてくる

まさか笑顔で授かりものなんで〜みたいに言ってる私がめちゃくちゃ人も社会も怖がってるなんて思ってないだろうね

 

 

仕方ないって言ってるけど納得してない

twitter上で、共働き子育て中なのに夫ばかり飲み会に行ってその写真まで送ってくるのがムカつくっていう漫画を見て、

なんというか、なんというか、すごく傷ついてしまった

(なのでリンクは貼らなくてすみません)

奥さんの意見としては、夫は激務だし、調整をお願いしたけど無理だったし、仕方ない。でも思いやりがない。という話だったけど

そのことを直接伝えてみては?というリプライに対してそれは違う言わなきゃいけないのが嫌と。

で、なんで私が傷付くのかというと小さい頃の母親がこういうタイプだったので、

自分ではなにも気づいてないことに突然母親が堪忍袋の緒が切れて怒られるという経験がフラッシュバックしてきた

自分の思ってないところで突然怒られると、

驚き・悲しみ・なんで!?という気持ちになって心がめちゃくちゃ混乱してた気がします

本当に本心から、言ってくれたら良かったのに、と言うと火に油で、言われなきゃ気付かないの!?普通に考えたらわかるでしょ!とますます怒らせてしまう。

その普通を教えてくれないけど、勘で分かってほしい、察してほしいというのが理想だったみたいで

とにかく口で説明しないとやってくれないのが耐えられないって感じでした

そう言われてもまだ小学生ですぐに母親の気持ちが分からないし母親が望む行動をしてる大人が周りにいないから、教えてもらえないと分からなかったので単純に悲しかった

なんで怒りになる前にこういうことをしてって言ってくれないんだろうって思ってた

もし私が母親が嫌と思うことをしてるなら教えてくれるだろうっていう信頼があったんだけど家の外ではその場で言ってくれても家の中では貯めて言う

(今パブロンのcm見ると思うけど、たぶんあのcmみたいな自発的に親に気を使える子供が理想だったんだと思う、理想の母親、父親、子供っていう枠がしっかりありすぎる)

母親は私が鬱状態に入ってからめちゃくちゃ変わってそういうことなくなった、父親にだってしてほしいことはちゃんと言うようになった

そっちの方が明らかにスムーズにいってる

だから、普通に考えたらわかるよね?は本当に怖い

あと、昔の母もそうだけど、○○だから仕方ないっていう言葉は口先だけで、心の中では全然仕方ないって思ってないことが多かった

だからこの奥さんも口では夫には直接言えない仕方ないって言うけど納得できないから漫画にして全世界に公開してる

もし今私が子供で、母親が私には何も言ってこないのにネット上では私の悪いところを書いてみんなに見せてるの知ったら多分本当に傷ついて自殺したと思う

ネット社会ど真ん中に生まれなくて良かったな

くるしい

心がざわつく、不安に覆われていてもたってもいられない気持ち
滝のように流れていく気持ちを書いてみようかと思うけれどどうなるのかわからない、できないかもしれない
たくさんたくさん流れていって頭の中では文章になってるけど書く、打つ頃にはもうどこか消えて無くなる
(消える無くなるのは感覚的な話で、たぶんまた循環してる)
人に、大勢の人に受け入れられたいという強い気持ちと、一握りの人にだけ愛をもらえるという気持ちがせめぎ合っている、後者は気持ちというか事実な気がする
大勢の人に愛されてる人を見るとズキズキしてくる、ないものねだり
私は誰かを傷つけたくないけど自分が傷つくような出来事は色々あったと思うのは他人よりも自分のことばっかり考えてるせいだろうし
傷付けたくないっていいながらどんだけでもいろんな人たちを傷付けたと思う
体が動かなくて、動くけどしなきゃと思うことができなくてベッドから一歩も動けないまま何時間もいる時がある
こんだけ書きながら号泣してるのもあんまりよくわからない
寒いことがいけないのか?でも暑い時も、春も秋もなにもかもだめだよ
アレルギー鼻炎が悪化していく一方でその炎症が私を蝕んでるのか?と思う
食いしばりのせいなのか奥歯の歯茎が痛むことが増えた
健康診断は異常なしで、余計こんなにきついのはただ自分のせいなんじゃないかと思う
生きてるのは恥ずかしい、人に腫れ物みたいに扱われることは本当に辛い
私のことで親が慰められたりするの悪気なんてもちろんないだろうけど私の気持ちはズタズタだ
受け入れてほしい、受け入れられないなら無視してほしい、心がつぶれる
こわい、私はずっとこのまま生きていくのか
そういう宿命なのか、一体いつになったら私自身がそういう扱いをされる私を受け入れることができるのか

最低ラインで

全然ブログ書いてないな、

頭の中はパンクしそうだけどブログ記事を書けるくらいの形じゃなくてなんとなく滝みたいにただただ流れ落ちてる

今年は始まってから即膀胱炎、しばらく治らずようやく病院で薬をもらってだいぶん治ってきました

あまりに辛くて、トイレで呻いた

心がつらいし仕事も休みがち、刃物の自傷は何年もしてないけどビンタする癖が治らない

でも生きてしまってるから精神をこじらせながら鬱を抱えながらとにかく最低死なないでいられることが目標

死にたい死にたいって言いながら今年も生きていこうと思います

 

良くない

なんだかすごくひどいわけじゃないけど長引く風邪を引いてしまい参っている

喉と鼻水が大変で病院に行って もらった薬を飲み始めたら今度は咳が止まらなくなってしまった

肺の真ん中みたいな部分にスチールウールが詰まってるような気持ち悪さがある

空咳ですればするほど苦しいタイプのやつ

まさか咳が一番ひどくなるとは全く思っていなかったから薬も出てない

 

精神的にもあまり良くなく、ひとりぼっちは嫌なのにひとりぼっちになって消えて無くなりたい

死ねない、でも消えたい、生きるのやめたい、そんなことばっかり頭の中にあってそれを一旦忘れるためにネット依存って感じ

集中力もなく、集中力を続ける方法という記事が読めない、途中で諦めてしまう

生きてることにただただ疲れる、南の島の海にずっといたい

誰にも観測されない透明人間になって泳いだりしたい

もうこの化粧水しか

前のスキンケアの記事で化粧水ジプシーだと書いてましたがついに固定化しました

アクルミュールセラム化粧水です。

薬局で薬をもらう時にサンプルももらって使ってみたのですが翌日から違う!

起きるとおでことかこめかみがベッタベタだったのがピタピタくらいに収まっててびっくりしてすぐ買いに行きました。

150ml1296円もありますが500mlの大容量で2808円と安く売ってるのでそっちを買ってずっと使っています。

拭き取り化粧水ということでオードムーゲと同じライン上の化粧品と思いますが

数回使っていたオードムーゲではあんまり肌が変わった感じがなく私の肌質にはアクルミュールセラムのが良かったみたいです。

乳液も同じアクルミュールセラムシリーズにして

アクルミュールセラム化粧水→セラミドかビタミンcの美容液→アクルミュールセラム乳液

に日常的なスキンケアが固定しました。

ようやく。何年ぶり?ずっと売り続けてほしい…

がっつりスキンケアの時はコーセーベイビッシュマスク使用で。

ところでランキングとかにも入ってる人気のお米のマスクを妹から勧められて使ってみたんですが(毛穴のやつ)

ベイビッシュばっかりに慣れてて鼻の下ちぎり忘れてたらやっぱりヒリヒリ

マスクの自体は分厚くてピタッと張り付くので好きですがヒリヒリになるくらいなのであんまり効果は感じられなかった…

周りから比べたらなんとなく駄目な人

ずーっと心がボロボロだけど、最近また自覚なしで心が擦り切れてて、急に立ち上がれないほどになって、なんでかなって思ったら

やっぱり年始のうちの親戚の集まりから私の心は血を流し続けてるんだよな

本当にただの無意識、何の気なしに子持ちの従姉妹から「家事はしてるの?」と聞かれ(後から考えるとなんだこの質問、生活してるんだからその程度はやったりやらなかったりしてるだろう、

たぶん全く自覚なしで、私を家事とかしない人と思ってるから出てくる言葉だ、バリバリしてそうな人にはたぶん言わない、まあ本当に特に話したいこともなかったんだろう、とにかく悪気がない)

私はこういう時の一般的な「んーぼちぼちかな」という反応をしたけど

おそらくそれをトリガーにしてうちの祖母がそっと夫に近寄って「この人なんにも出来ないでしょう?」と聞いてきて

夫が「いやそんなことないですよ」と答えたのにもかかわらず「なんにも出来ないんだから」の繰り返しを受けた

実際、母のように毎日掃除出来ないし、夫に手伝ってもらうこともたくさんあるけれど

必死でベッドから起き上がって薬飲んで毎日料理洗濯は頑張ってるのになあ

その祖母に私も母も怒りは湧くんだけど、私の心にズバーッと切り傷をつけたことには変わりなくて、

夫に、なんにもちゃんと出来ない、と泣いてしまう

夫はいつも困惑して「これだけやれてるのにどうして?」と言ってくれるけど

お母さんのようには出来ない、お母さんくらいやらないといけないのに出来ない、

周りの人みんなから比べたらなにも出来ないだめな自分という気持ちをかかえている

私はよっぽど怠惰な自分を出してしまってるのか、なんとなく人生の中でずっと周りから甘やかされてる怠け者というポジションで見られている

身内だけじゃなくなぜかはっきり言葉にして言われることも多い

笑いながら言われるその言葉に私はいつもそこで笑って済ませるけど、呪いになって何年も苦しむことになる

本当ならそこでどうしてそんなこと言うの?と嫌がるべきなのかなとも思う

なんで笑ってんだろ、めっちゃ傷ついてんのに、って思う

全く悪気がない人に対して勝手に傷ついてるから怒れないんだよな

私はそんなこと他人に言わないようにしてるのになんで言われちゃうんだろう

馬鹿みたいに泣いて苦しんで、相手は覚えてもいないことなのに

いつになったらなんとなくみんなに比べたらあなた駄目な人だよねって思われないのかな

悲しいなあこれでも必死なのに

親戚の集まり大嫌い、毎年具合悪くなる。結婚したから行かなくてすむかと思ったのにな
お母さんが来て欲しがるから困る、来年は行きたくない、頑張って断る