とにかく怖い

最近の私は以前より攻撃的な気がしてならない

誰かを傷つけたりしないと思いながらめちゃめちゃひどいことを思い浮かべたりしながら生きている

昔は自分の死のことと今後の生活のことしか考えられなくて、ある意味復活してきたのかもしれない

生まれ持った性格としてすごく気性が荒いと思う

そういえば前に右翼か左翼かは遺伝的性質が関わっているというウェブ記事を見て、やっぱりという気持ちになった

確か遺伝的に怖がりな性質を持っている人は革新的な事を嫌がるみたいなこと

なんとなく、一般的に性格は環境が作ってる派の人が多いような気がするけど、外見も臓器も遺伝の影響が出るのに脳神経だけ遺伝の影響がないなんて私は思えない

何千年もの遺伝子の積み重なりに乗って操縦していくことが生きることで

環境は操縦の仕方を身につけさせることしかできない、ような気がしている

本当かどうとかじゃなくただそんな気がしている

私は怖がりで保守な性質なのに革新を受け入れないといけないと思ってる節があって余計いきるのつらいのかもしれないな

夫との生活は特に不満もなく幸せだと思うけど

生きるしんどさは無くならないし子供を持つのは怖すぎる

正直身内は大して子供に触れないけど親しくない人ほどカジュアルに子供に触れてくる

まさか笑顔で授かりものなんで〜みたいに言ってる私がめちゃくちゃ人も社会も怖がってるなんて思ってないだろうね