働くということ

自分が怒られてるところしか想像できない、
そうすると、目に見えて拒絶される、とか
イラ立ちや、嫌悪感を丸出しにされるっていう恐怖が付いてくる。
大人になってから、喧嘩とかしたことないし、
そういうの対応の仕方をもう全く忘れてしまってる、
しかも成長して、幼い日〜思春期に怒られた時の対応は
ダメというか…間違ってた、と反省してしまったら、
もうにっちもさっちもいかない。

会社っていうものにマイナスイメージしかない。
風邪引いても休めない、理不尽に怒られることもしばしば、
上の人に下に見られながら、
うまいことコミュニケーションをとって仕事をこなすっていうハードルの高さ。

私の思い過ごしかもしれない、現実はちがうのかもしれない、
そう思って、怖くて怖くて逃げ出しそうになりながらも
バイトを短期で始めてみると、思った通りの事態が起きる。
なんとかこなして終わってみると、もう、無理だ…とニートの始まり。
(感じたことは、部活に酷似してる。中学のときしかやってなかったけど…
部活も色々うまく行かなかった。)
たまたまバイト先が良くなかったのかも、
と違うバイトをまた始められる人ならこれから先もやっていけると思う。

あ、バイトの嫌な思い出のひとつ。
偶然、友達もそのバイトを一緒にやることになったんだけど
一番忙しくなる直前に辞めた。しかも事後報告。
一緒の日に入れたらいいねーとか言ってたにも関わらず。