強制参加の運動会

運動会が大っ嫌いだった。
とくに徒競走。保護者たちの前を走るのがたまらなく嫌だった。
これも「大人に馬鹿にされたくない」という気持ちの表れかなと思う。

毎年、雨が降りますようにと願った

私の中で、運動会大嫌い=運動音痴だと思っていたんだけど
親に聞けば、ビリになることもなかったし、
特別運動音痴じゃなかったらしい。

普通に運動できるはずなのに、
ここまで強く運動への恐怖感や嫌悪感を持ったのは、
大人に「一位じゃなくて残念」と思われるのが嫌だったから?

もっと幼いころは、「同じように頑張っているのに、
なぜ私は一位にはなれないの?」という思いでいっぱいだった。
今考えれば生まれたとき小さかったうえに、
早生まれだから、一位になれるわけないんだけど。

文化祭は、「保護者に見られる役」を選べるのに、
運動会は有無を言わさず競技をやらされるのが腑に落ちなかった。

やっぱり、どう考えても強制参加の運動会は今だって絶対嫌。
今は運動会は色んな形になってて賛否両論らしいけど、
私だって過剰なプレッシャーのかからない運動会のほうがいい。
そんな運動会に出られる今の子が羨ましい。