夜のミッキー・マウス

友撮青と、谷川俊太郎の夜のミッキーマウスを買った
目当ては友撮で、ミッキーマウスのほうは色鮮やかなコーナーに置いてあった。
タイトルに惹かれ、1ページ目をめくり、
値段を確認し、図書館で借りることを想像し、そして買った。
意識せずに、青い日だった。

谷川俊太郎と言えば、なんとなく教科書に載っていたイメージ。

夜の~、は冷静な絶望感とエロティシズムの塊だった
詩なので、言葉のセンスが素晴らしいなあと惚れ惚れした。
意味がわからないような箇所もいくつもあったけれど
結局、言葉のリズムや、使い方や、表現の仕方が美しかったので、特に気に留めなかった。
この冷え切った絶望感が何ともいえず不快で、真実で、私はとても幸せだと思う。
これほど上手く、真実の絶望感を綺麗に表現できる人がいるので、
私はたった一人ぼっちではない。
その冷えた絶望の詩に挟まれる、エロティシズムにあふれる詩、
絶望感を保ったまま生きるためには、これくらいの官能がないと生きていけないかもしれない

…私は、この記事くらい曖昧で嘘くさい文章を書くのが好きで
でもネットに上げる時は、私の常識が、もっと推敲しろとうるさいので、もう少し普通の文章を書いている。
谷川俊太郎を読んだら、推敲をする必要性は必ずしもあるわけじゃないと今更ながら思いついて、
だらだらと書きなぐっている、(打ち殴る?…
キーボードでぱちぱちやっているのを書きなぐるとは言えない?
この本があまりに強烈だったので、私は少し中てられたみたいに、どこかぼんやりしている。