私以外の世界

なんとなくアクセス解析を見ていたら
前のフジの記事への検索アクセスが多かったです。
ふとその検索ページを開くと、
同じようにSTARの感想を書いているブログがずらっと並んでいるのですが、
批判的な意見もちらほら見えて(ページを開かずとも。)
しかしその批判をしているのが、女子高生とかだと
もう私の心のシャッターが勢いよく閉まりました。
女子高生という言葉自体の響きがいけないのかもしれません。
でもたとえ男子高生でもシャッターが下りる気がします。

あと、@コスメに私の眉マスカラのブログ記事がリンクされていて
心の底から嫌な気持ちになりました。
今まで書いた化粧品の記事ではそんなことなかったんですけどね。
消してほしいのですがなんか色々と面倒。もう化粧品記事は書かん。

図書館で、辛酸なめ子さんと田口ランディさんの本を借りました。
なめ子さんの自立日記を8割くらい読んだところです。
ガーリーな毒とはよく言ったものだなと思いました。
田口さんの方は、何故生きる必要があるのか、みたいな本だったと思います
田口ランディさんて、なんか、バンドマンみたいな人だったはずと思い
借りてきたのですが、なんとなく間違っている気がします。
まだ読んでません。

図書館といえば、私は19歳ごろにそこの図書バイトの面接を受けて落ちたのですが
私が本を借りる手続きをした女の人がアルバイトの人でした。
見た目主婦っぽい感じで、愛想はなく、元気もなく、手つきはとろとろで
なんとなく腑に落ちないなと思いました。
少なくとも私はもう少し愛想よくできる。
面接でしくじった記憶がないので、
もしかしたら通信卒というのも不採用の一因だったのかなーと思います。
高校時代はバイトをしなければ、と強迫観念に縛られていて
必死でバイトを始めようと頑張ろうとしていたのですが
通信高ということで、見下されたような感じで面接拒否されたこともあるし、
昔は傷ついてどうにもなりませんでしたが
今やそこの痛点は麻痺してしまってあんまりなんとも思いません。
でも、バイトをしようという気持ちは完全に空っぽになりました。
前にもちょっと書きましたが、唯一やったバイトでは、
本当に嫌なことが色々と大量にあって、
今のニート状態へ転がり落ちる布石になりました。