真っ白けの毎日

憂鬱は未だ晴れず、毎日ぐったり過ごしている。
何も欲しくないしどこにも行きたくないと思う。
これはちょっと良くないスイッチが入っているんだろうなあ…
絵を描く気力も失せて、画材を買う必要が無くなったので、余計に。
スケッチブックを買いにダイソーコピックを買いに画材店、
実は絵を描くことで私はアグレッシブになっていたみたい。
それが無くなるとこうも毎日真っ白になるのかと愕然とする。

ところで、長年考えてきたどうでも良いこと。
天才が人目に触れる年齢は17、19、21歳だと思う。
21以上で世に出てくる天才は見たことがない。
天才…というとちょっと語弊があるかもしれないけど
世の中で支持されるような人。
特に17歳で人生のターニングポイントを作った人が多い気がする。
色んなアーティストや有名人のインタビュー、Wikipediaで何度も
「17歳の時、」という文を目にして、何も出来ない17歳だった私は
なんとも言えぬ焦燥感と自分の凡人っぷりに嫌気がさしていたくらい。
まあ、17で行動出来ること自体凄いことだよなぁ。
ビビりの私は、22の今でも行動出来ないし