考えることは苦しい

とにもかくにも決定することが大事、という言葉が流れてきたので、
自分の中で考えてみたけれど
「なりたい」と思うものがない…
私が欲しいものは、安穏。それは間違いない。
が、生きていくうえで、安穏に暮らすというのは、出来ないんじゃないかとも思う。
生活、人間関係、社会、災害や事件など
自分以外も暮らす世界で安穏でいるには、良くも悪くも、自分以外全てに無神経でいるしかないのでは。
(お坊さんみたいに、悟りを開ければまた話は違うのかな)
それらを無視して、生身の自分が関わる事だけと向き合えるのなら、
神経は擦り切れることもないし、安穏も無理じゃないのかもしれない。
けど、情報が大氾濫し、社会の事柄、時事のことを大まかにでも知らなくてはならない、という前提があるような気がしている(そうでなきゃ時事問題がテストや試験にでないよね)。
反射的に自分と関わりのない社会から傷を負う人はきっと少なくない。
生きることを辛くする優しさなんて、きっと要らないよ。
ああ、こうやって考えるたび結局、今世からさよならが一番手っ取り早いと思ってしまって、どうもね。
深く考えるなと忠告されるけど、生きる術を得るためには、自分が納得いくまで考えるしかないのだ。