野暮なことを思わせないくらいに作ってくれ

夜中目が覚めて、ふとテレビをつけたら
なにやらザ・クイズというドラマがあってたので見てみた。
こういう頭脳ゲームドラマのブームの発端はデスノートかなと思うんだけど、
未だに続いてるってすごいね。
ストーリーは、出入り口が封鎖された、完全孤立しているスタジオで集まった人たちがクイズに挑戦していくというもの。

開始20分くらい見たものの、突っ込みどころ満載すぎ!
特に1番気になったのは、クイズに間違えた人は殺されるんだけど、
その死体が、次の問題の時には血痕だけ残して綺麗サッパリなくなっていること。
出入り口封鎖されてるんだから誰かが入ってきて片付けたということはないはず。
(もしそうなら、その隙にスタジオから脱出できるし)
スタジオにいる参加者が死体を隅によけたなら、
毒殺死体はまだしも、銃殺死体を運べば血塗れになるし、床の血痕が綺麗なままなことはない。
死体はどこに消えたの??と気になって話が頭に入ってこないから見るのやめた…
まあ他にも首元を銃で撃たれたのに頭部が綺麗なままとか、(せめて俯せに倒れれば…)
初めて銃を撃ったであろう女子高生が、
発射の反動にびくともしないとことかあったけど、これはちょっと野暮な突っ込みだ。
ただ、私は、こういうドラマは興ざめしない程度までリアリティを持たせるのが、
1番の腕の見せ所だと思っているので、やっぱりなんだかなあという感じ。
アニメだったらここまで気にならないけど実写だしなあ。
あと、ゲームマスター役の安田顕が、ハイキングウォーキングのQちゃんにしか見えない。w