基本メイクが上手く出来ない人

大人になったけど化粧の仕方が分からない女性を手助けしたいなぁと思う。
やっぱり女性は20超えたら化粧は基本スキルみたいになってきてしまう。
結婚式やフォーマルな場所など大人の女性は化粧せざるを得ない機会が多くなるから。
あとヒキ、半ヒキの人も化粧が鎧になれば、
私のように少し外出が苦じゃなくなるかもしれない。
化粧もとにかく練習が必要で、いきなり上手くは出来ないのは当たり前ですが
良し悪しの前に、顔が化粧慣れしてないと化粧した時になんか違和感があったりする。
服を「着せられてる」ぽくなるのと一緒で。
(そういう失敗がトラウマになることもある…。私も化粧崩れに神経使いすぎて辛い時期があった。)

ということで、ちょっと手順とかやり方書いてみた。
私自身がメイク上手いと言われるから、多分大幅には間違ってはないと思う。
ただの素人だけど少しでも誰かの役に立てれば…!

とりあえず目指すのはTHE普通のメイク。
基礎というより、基礎を上手く出来るような工夫を考えてみた。
外出の予定がない日にでも、練習してもらえたら。

(2014/9/19 大幅に加筆修正しました) ==== ☆必要なもの
大まかに化粧品と化粧小物。
初めて使う化粧品は、練習を兼ねつつ外出もできるような質のものがいいと思うので練習に使いづらい高級品よりも、まずは安めのものから入っていったらどうかなと思います。
安いとなると、100均が最安値とは思いますが、中には良いのはあったりするものの初心者が使うと、質の粗さや、安っぽさが出たりするので、(あと100均のやつだと思うと、使い方とか扱いも雑になりがち)
まずはとりあえずドラッグストアにあるようなプチプラ化粧品を勧めます。
もちろんデパートコスメなど高級なものが使えるならそれでオッケーです。

ドラッグストアコスメに什器がある代表的なコスメは
マジョリカマジョルカ、ケイト、インテグレート、ラヴーシュカ
は大抵の所に置いてあるかな?
大きなドラッグストアだと、
ヴィセ、リンメル、エテュセ、キャンメイク、UNE、
メイベリン、キス、エクセル、セザンヌ、スウィーツスウィーツ、メディア
とか。
あとコンビニコスメという手もあってセブンのパラドゥ、ファミマのMFCなど。
他に無印良品とかにもコスメありますね。
安い化粧品いっぱいある時代だな。
私が主に好んで使うのは、メディア、セザンヌ、ヴィセあたりです。
ブルジョワというブランドも好きだったけど、日本撤退してしまいました…。

以下各項目で、もっと詳しく。


まず化粧水と乳液を塗って、ハンドプレス(手で抑える)して、
少し乾いてから下地を塗る。
基礎化粧は、人それぞれの肌に合うかどうかが違うので、化粧水のみだったり、乳液なしで美容液・クリームだったり、いろいろ試してみてください。


☆化粧下地

まずはベージュ系であまり顔色を変えないくらいのやつが良いと思う。
ピンクや緑などのカラーコントロール系は扱いが難しいので、まずは無難に。
それを両頬、おでこ、鼻、顎に点で置く。
make

↑私が置くときはだいたいこんな感じです
おでこは一か所でやるパターンもあると思いますが、私はおでこがひろい&眉間が汚いのを隠したいので、おでこ分を三等分して眉間、両眉上においています。
だいたい顔の中心に塗るイメージ。外側は薄く。
あと、個人的に、全部いっぺんにおかないほうがいいと思います。
まず左ほお、右ほお、鼻の頭、おでこ…など、一つのパーツずつ点置きして伸ばす、とやるほうが私はやりやすいです。
ただ、最後に全パーツが分かれてしまっていないかチェックして、もしパーツとパーツに境目ができていたら、パフか指で伸ばす、というのをやったほうがいいとは思います。
塗った後はティッシュで軽く押さえると、余分な分がとれます、かるーーく顔にティッシュをあててみてください。



☆パウダーファンデーション

リキッドより簡単に塗れるし、手軽なのでこっちが無難です。カバー力強い粉でも。
色選びは難しいかもしれない…ナチュラルとか標準のやつをまず買ってみて様子を見るのがいいかもしれません。
ファンデーションブラシで付けると、自然になる。

まずカバーしたいところに付けて、あとに残った分で全体に塗り広げるような感じ。
スポンジなら少量ずつつけていく。
(雑誌とかで、一気にファンデ取って一度で全部塗るっていう方法を書いてるのがあるけど、何度挑戦しても最初に付けたとこに付きすぎるしあんまり良さがわかんない。少しずつ取って、場所によってパフに付ける量を減らしたり足したりした方が良い気がする。)
Tゾーンとかベタベタしやすい所には少しずつ塗り重ねる。
何度も塗るとどうしても粉っぽくなるから、欠点カバーする時は下地でやった方がいいかな
塗る方向は基本内から外に向かって塗る。
塗り終わったら、最後にハンドプレスすると、粉が落ち着く。

ここで肌が綺麗に見えたら、成功!
明るいとこ暗いとこ、色んな場所で鏡見た方が良いです。
鱗状になったり、線が入ったらたぶん肌が乾燥してるからスキンケアでもっと保湿。
ムラがあったら、下地が綺麗に広げられずに溜まってる。
白浮きしてたら、色が違うか、下地かファンデが多い。
この時点で顔全体をみると、肌トーンが均一になってるので、とてものっぺりした印象になると思いますがアイメイクとチークでオウトツが出来るので大丈夫。


長くなりすぎたのでとりあえずここまで。
明日以降、ポイントメイクについて!
化粧記事は、メイクカテゴリにまとめてあります。