神聖かまってちゃんのライブ!in福岡

神聖かまってちゃんツアー福岡に行きました。
感想と言うよりも、なんというか。 私は、今まで、ライブ前後に死にたいという気持ちが消えなくて、
ライブ中だけはその気持ちが小さくなるから、頑張ってライブに行ってました。

今回の神聖かまってちゃんライブで、
「あぁ、私、自殺してなくて良かった」
と、心から思い、終わった後も、凄まじい幸福感に包まれていられました。
たくさんのバンドのライブに行きましたが、ここまで思ったのは初めてです。

の子さんは、凄かった。
もう二曲目くらいから、汗だく。
半端ではない迫力で、こんなにも、圧倒的に鬼気迫るバンドマンがいるのかと、
配信見たり、エピソードを読んでいたにも関わらず、度肝を抜かれました。
本当に凄くて、の子さんこのまま死んでしまうんじゃないかと思った。

私は、神聖かまってちゃんのメンバー全員が好きだし、
大体、どんなバンドでも、ライブに行くとメンバー全員を出来るだけ満遍なく見ます。
ところが、神聖かまってちゃんの場合、目がの子さんに釘付けになってしまい、
頑張って他のメンバーを見た、という感じでした。
もちろん他のメンバーも凄かった、良かった。でも、の子さんに釘付けになる、言葉に表せない何かがあった。

神聖かまってちゃんは、曲の良さや、エンターテイメントの方面から
のし上がってきたバンドだと思うので、演奏力は中の下だと思ってました。
配信とか見てても。
実際みたら、全然そんなことはなかった。
そりゃミスもあるんだけど、とても下手なんて言えん。

の子さんのシャウトはたくさんの曲にあって、MCでも叫んでたんですが、
信じられないことに、声量が普通の歌声より大きいくらいでした。
普通、もう掠れる音域なのに。
喉が、本当に強靭。あ、鼓膜が破れるかな。って感じ。
シャウトがギターよりもビリビリ響いてた。

ロックな曲とともに、ホーリーな曲も演奏して、
夜空→黒たまの流れで半分トリップして、
コンクリで完全に魂が抜けました。
こういうロック!っていう感じじゃない曲でも、トリップ出来るんだ、という発見。
普通は、ライブに行くとアッパー系のトリップですが、ダウナーなトリップでした。
ロックバンドのライブで、ダウナートリップ出来るなんてなぁ…

天使じゃ地上じゃ窒息死で死にたい、と叫んで、
夕方のピアノで死ね、と絶叫したにも関わらず…いや、叫んだおかげなのか
憑き物が取れたような気がします。

モノくんダンスや、みさこさんの萌え声、ちばぎんのベースで曲促しなど、
ライブに行かないと見れないものがちゃんと見れた。
そして気合い入れで、モノくんがの子ビンタ、ちばぎんがモノくんビンタという
滅多に見れない光景も見ることが出来ました。
とんでもなく短い時間に感じた。体感だと1時間。実際は二時間半くらいやってるはずなのに。

本当にびっくりしたんだけど、ライブ配信?あんなの5%程度しか魅力伝わってない。
あんなに楽しかったライブ配信ですら、5%
もちろん、このツアー、今日のライブが素晴らしかったせいもあるとは思うけど、
本当に、パソコンの前だけでしかかまってちゃん見たことないファンは、本当の本当にライブに行った方が良い。
今回のライブも、多分ソールドアウトしてなかった気がするけど、
あのライブがソールドアウトしないなんて、もったいないにも程がある。
もう信者って言われても良い。本当に、心の底からそう思ったし、伝えたいから書いてる。
客層は、高校生から40代位の人もいたし、
男女比は3:7か2:8くらいかな、と思ってたら、全然、4:6くらいで男の人かなり多かったです。
ファン層は予想よりかなり幅広い。

の子さんもだいぶ楽しかったみたいで、二回ダイブして、
途中お前ら最高だ!と叫び、
今回のツアーで(なのか今までのライブでなのか)初めて福岡ー!!と地名を口にして、最後には、感謝を述べて深々とお辞儀してた。
来年も福岡にくると宣言してくれました。
マジで超待ってる。

雨の日だし、緊張で行きたくないと駄々をこねながらも、
ライブに行って、良かった。