読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイク語り(チーク編)

チーク! ☆チーク
最初はパウダーチークがお勧め。
色は、薄(白)いピンクやオレンジなどが良い。
とにかく薄づきのやつ。

質感のバランスが結構重要で、
アイメイクとチークとリップのバランスが大事
私が思うに、同じ質感は二箇所まで、かな。
アイメイクとリップがキラキラなら、チークはマットめ、とか。
全部キラキラ、全部マット、は
わざとそういう雰囲気を出したい時以外はしない方が無難かな…
ちなみに、キラキラ→若々しさ
マット→自然な立体感
って感じだと思う。
セミマットという中間の質感もある。

チークは付け方が難しい。
一箇所につき過ぎたりするし、
場所もどこまで伸ばしていいのか分からなくなりやすい。
なので、チーク塗ったことない人は、
丸いパフが付属してるポンポンチークが良いかも。
(ただ、パフが容器から取り外せないタイプは洗えないので、衛生的には微妙。)
頬の高いとこにポンポンしたら終わり。
あとはハンドプレスすると、粉が落ち着く。
普通のパウダーチークでも、
小さめの丸いパフ買ってきて、全面にくるくる色付けると、簡易ポンポンチークが出来る。

冬場は肌が青白くなりがちなので、ちょっと濃いめでも可愛い。
色自体は薄白いやつを、重ねるっていう。
付きすぎたら、手のひらで撫でて払ったり、
上からフェイスパウダーを重ねたりするといい。
ハイライトやシェーディングをしないで、
チークも無しにすると、顔がのぺーっとなるので、注意。


次はリップの予定。