部活感は自分の行動を抑えてるから起きる?

やっぱりどの場所でも、新規とか古参とか重要なポジションになってくるんだね。
ファンの中でヒエラルキー出来ちゃうの、好きじゃないんだけど
ほとんどのものにそういうの、あるからなあ…
世間。会社。学校。とか。全てのコミュニティに。
私はどうにも、世間に蔓延する"部活感"が肌に合わない。
が、一方で、自分が"先輩"みたいな立場になると、新しい子がくると心に妙な壁が出来ちゃうことがある。
あーやっちゃってる!そう感じるのやめやめ!って必死で振り払わないといけない。

あ、分かった。蔓延してる部活感の正体は、でしゃばるな!っていう牽制だ。
このでしゃばるなよ、っていう感覚、裏を返せば自分はおとなしくしてるのに、
あなたがアクティブにするのが許されるのはおかしい、
みたいな気持ちがあるからだろう。
それが年長者、古参になればなるほど、強くなっていくっぽい。
年長者や古参に、やられた牽制を、新しい世代にもやる。この部活感。
うーん、これの解決策は、全員が出しゃばるしかないな。
全員が全力で前に出れば、後ろから引きずり降ろされることもあるまい。
私は、前に出てる子を憎々しく思うくらいなら、その子より前に行こう、と思うようになりたい。
というか最終的に、前後を感じないようになりたい。
きっも全ては遠目にみれば五十歩百歩だろうしね。