読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイク語り(リップ編)

リップメイクは、一番顔をぱっと華やかにしてくれる。

口紅→発色重視、グロス→艶重視、が基本だと思う。
私が化粧始めたばかりのころは、口紅の扱いが難しくて、
もっぱらグロスを塗っていた。
最初は色付きリップとかでもいいかもしれない。
ただ、フォーマルな場所(冠婚葬祭、職場など)ではダメかな。 色は好みだけど、無難なのはやっぱり
ピンク=若々しい(ナチュラル)
レッド=血色感
ローズ=落ち着き
あたり

それから口紅だと質感も。
大まかに、マット・セミマット・グロウ。右に行くほどつやつやになる。
マリークヮントのページに詳しく書いてあったので載せる。
MARY QUANT ONLINE
真ん中の少し下あたり。

シアーだけなんか説明不足っぽい。
シアーとは「透明感のある」「透き通るような」という意味
引用:FASHION-PRESS

マットはモードな雰囲気、唇を人口的な感じにしたいときに向いてる。
私の中で、マットな口紅といえば
本能の椎名林檎
(余談だけど、宣材写真はマットなのに、PVではぬらっとした艶があったりする。策士)
艶がないので、老けてみえたりする。
なので普段使いにはマットよりはグロウのほうがおすすめ。

またイラストを描いたのでそれを載せるよ。少しでも参考になればいいな。

化粧前イメージ
lip1


ピンク口紅
・セミマット
lipp
・グロウ
lippg


レッド口紅
・セミマット
lipr
・グロウ
liprg

(あとからみたらオレンジレッドっぽかったな…)


ローズ口紅
・セミマット
lipro
・グロウ
liprog


ついでにベージュ。
・セミマット
lipb
・グロウ
lipbg


唇の色が濃い人は、レッド系だとかなり赤くなるかも。
ベージュ系を塗ると、相殺されていい。
たとえ元の色が濃くても、口紅なりグロスなり塗ったほうがいいと思う。
地の血色は、寒暖で色が変わるし、まず色ムラもあるし。
ただ、地の色を考えて選ばないと、つけたとき全然違う風になったりする。
相殺するために、青や緑のグロスを塗るっていう方法もあり。


次に、塗り方。
おおざっぱにいうと、ゆるっと塗ると力が抜けてセクシー
きちっと塗ると、知的、品のある感じ
なので、フォーマルなときは、輪郭をきちんとしたほうが良さそう。
輪郭をとるときは、

lipstick

このとんがったところを使う。もしくはリップブラシにとってつける。
直塗りのときは角度つけすぎ・力入れすぎだとすぐ山が潰れるから注意

上のピンク(グロウ)で説明すると…
・輪郭をあまりとらずに、ゆるっと塗った場合
lipy

・輪郭をとって、きっちり塗った場合
lipk

この画像だけでも、下の画像は、上のやつより計算式とかすらすら言えそうw


とりあえず最低限リップクリームと上記の色のシアーな口紅が一本あるといいかも。
やっぱりいろんな場面で使えるのは、グロスより口紅かと思う。
もちろん慣れてきたら色んなグロスとかばんばん使って、
色んなリップメイクを楽しんでほしいなー。