まさかこうなるとは思っていなかった

6年も経つと赤ちゃんが小学生に、中学生は成人する年月です
私がブログを始めた時、この先6年後であっても何も変わらない屑生活をしているとほとんど確信していて、
だからこそ自分を慰めるためにブログを始めたというところがあります

私は長年上がっているのか下がっているのか分からない道を這いつくばっていました
立ち上がることが心から恐ろしく、しかし這いつくばっているのは辛く悲しく
決死の覚悟で、起きるために顔を上げた途端、人や環境に打ちのめされる出来事が起きて転がり落ちるという虚しい生活を何年も送っていました

6年前は6年後の私に全く期待をしていなかったのですが、
なんと6年後の私は顔を上げた途端蹴り飛ばされても、なんとか転がり落ちることなく耐えられるくらいの力が出来ています

元はレジに1人で行けないレベルだったのに、役所に1人で行けるようになりました
知らないところに電話がかけられるようになり、銀行で分からないことを聞くことが出来るくらいになりました
我ながら信じられない気持ちでいっぱいです。死んでも出来ないと思っていた

弱って弱って今にも死にそうな私を大きな愛でここまで普通に近づけてくれたのは彼氏の存在です
彼氏からの愛という基盤が出来たことで、他の人からの評価に一喜一憂することが本当に減りました、
なぜなら彼氏は他人の評価によって私を好きになったり嫌いになったりしません
自分の物差しで私を図りますしそして好きだといつも表現してくれます
彼氏という精神的な家が出来たことで私は安心して"外"へ出られるようになりました。

6年経って信じられないことに私結婚します
6年前は結婚とかできるのかな?と書いてたのに。
これから先どうなるのか、不安はめっちゃあります、なにせ生きる力が少ないので
それでも精神的な家が本当の家になるのはめちゃくちゃ嬉しいです。

このブログは弱り切っていた私のひとつの支えでした
今まで通りブログは書きたくなったら書くと思います。既婚者の苦悩もいっぱいあるんだろーなああ〜〜〜