生活の難易度が高い

毎日毎日朝起きることが難しく、夫のために朝ごはん作れたことも今まで一度もない
お弁当は「もはやコンビニ弁当を体が拒否する」と言われて
なんとかかんとか最低でも2日に一回は作るようにしている
毎朝仕事に行きたくないという強い気持ちで憂鬱が体にのしかかる
その重みで動けない
亡くなった母方の祖母は厳しい義父のもと毎日早朝に起き、家を隅々まで掃除し農作業して外に仕事に出ていたりした
母も毎朝掃除洗濯して仕事して家事を全部している
私には本当にその血が通っているのだろうか疑問
父方の祖母は義親と同居した期間が短く家事が苦手で娘の叔母に頼り、その後私の母に頼りという感じで
私はそっちの傾向が強い、同居していたからというのもある
男尊女卑の強い地域のなかでも男尊女卑の強い家に育って
女に生まれたことがしんどいと思って生きてる
夫は家事が嫌いというわけでもなく、助け合う気持ちはあるけど仕事が長くてとても時間が足りない
私の父は共働きなのに家事を手伝うという考えが全くなく、
それを見てきてるから実際ほとんど手伝えなくても夫に怒りが湧くのは少なめ
ネット越しに見ていると本当に家事半分半分の夫婦がいるけど、とてもそんなのは遠い世界
私はゴミ出しですらしてもらうと嬉しいと思うレベルの世界に生きてる
拘束時間も短い私が家事担当するのは別にいいんだけど、とにかくこの重い憂鬱に体が動かないのがつらい